おこしやす京都AC ともにJFLへ

僕のおこしやすライフ

関西サッカーリーグ(KSL)からJ昇格を目指す「おこしやす京都AC」。チームの奮闘ぶり、下部リーグならではのエピソードをファン目線で書き綴ります。

おこしやすの選手・スタッフ一覧

更新!

 

おこしやす公式サイトで、の選手・スタッフ一覧が、今シーズンの選手・スタッフの画像やデータに更新されていました!

 

どの選手もいい顔をしていますので、是非一度見ていってください。

トップチーム:選手・スタッフ - おこしやす京都AC

 

改めて、背番号・ポジションなどの復習です。

 

1  三宅 貴憲  GK  185cm/ 82kg

 

2  澤口 雅彦  DF  174cm/ 76kg

4  榎本 滉大  DF  183cm/ 73kg

 

5  酒井 大登  MF  179cm/ 75kg

 

6  村上 巧  MF  176cm/ 70kg

 

7  寺田 紳一  MF  171cm/ 68kg

 

9  原 一樹  FW  177cm/ 75kg

 

10  勝又 慶典  FW  174cm/ 65kg

 

11  イブラヒム  FW  188cm/ 74kg

 

13  瓜生 紘大  DF  171cm/ 60kg

 

14   平石 直人  MF  176cm/ 73kg

 

15  萩原 大河  DF  169cm/ 67kg

 

16   後藤 大輔  FW  168cm/ 64kg

 

18  堂安 憂  MF  169cm/ 64kg

 

19  サバン  MF  175cm/ 68kg

 

20  高橋 康平  MF  170cm/ 60kg

 

21  本吉 勇貴  GK  181cm/ 77kg

 

22  本吉 トニー令欧  FW  181cm/ 78kg

 

23  小久保 裕也  FW  179cm/ 72kg

 

24  角屋 諒  GK  177cm/ 73kg

 

25  戸田 拓海  DF  180cm/ 72kg

 

29  福田 健介  DF  174cm/ 70kg

 

30  清水 良平  MF  175cm/ 70kg

 

34  尾本 敬  DF  182cm/ 74kg

35  有薗 真吾  DF  178cm/ 70kg

 

GK3人・DF8人・MF8人・FW6人の合計25人の選手たちです。

 

これで選手の顔と名前と背番号が一致しました。

あとは、実際のプレーを見れば、一目でどの選手がプレーしているのか見分けられるようになるでしょう。

開幕がますます楽しみになってきました!

おこしやすのパートナー

パートナーについて

 

先日、強力なスポンサーのおかげで、おこしやすライフを楽しむことができるという内容の文章を書きました。

 

これを機に、おこしやすのパートナーについて、もう少し知っておこうと思い立ちました。

 

ユニフォームパートナー

f:id:himafebten:20200623191354j:image
f:id:himafebten:20200623191349j:image

明清建設工業株式会社

ユニフォームの胸部分のパートナー。

昨シーズンから引き続き、パートナーになってくださいました。

ありがとうございます。

そして、端的に、胸部分に名前が入り、ユニフォームが更に格好良くなりました。

 

同社の事業内容は、舗装工事、一般土木工事、商業施設等の外構工事、アスファルト合材の製造販売、品質管理試験だそうで、寺町京極商店街の舗装や、イオンモール京都桂川の外構なども担当されたそうです。

道づくり、街づくりを得意分野とする会社ですね。

普段意識することはなくても、知らない間にお世話になっているんでしょうね。

 

千曲産業株式会社

ユニフォームの背中部分のパートナー。

今シーズン、新たにパートナーになってくださいました。

ありがとうございます。

 

同社の事業内容は、非金属鉱物資源の輸入、アウトドアやスポーツアパレルの製造・輸入他だそうです。中国河北省商務局経済代理会社に任命され、中国河北省の日本窓口商社として様々な企業と中国企業を結び付ける活動もされているそうです。

こちらも、知らない間にお世話になっていそうですね。

 

ユニバーサルトラスト株式会社

ユニフォームの袖部分のパートナー。

今シーズンで3年目となるパートナーです。

同社の事業内容は、不動産コンサルティング(不動産開発等)、不動産売買仲介サービス、不動産管理サービス、相続コンサルティング

東京都の企業ということで、普段はなかなかお世話になる機会はないかもしれません。

でも、おこしやす公式サイトによれば、「新規事業開発を(一部)ご一緒に進めるなど、サッカー面以外でも、様々な広がりを持たせて頂いております。」とのこと。

パートナーを継続し、関係を深めていただいているようで、ありがたいですね。

 

そして、更なるユニフォームパートナーの発表がありました!

 

 

京都両洋高等学校

ユニフォームの背中裾部分のパートナーです

同校とおこしやすが、今後どのようなパートナーシップを築いていくのか、楽しみです。

 

これで、胸、背中、袖、背中裾にパートナー名が入りました。

パートナー名が入っていなかった昨シーズンのユニフォームも、それはそれで格好よかったのですが、やはりパートナー名が入ると、より引き締まった印象になりますね。

 

f:id:himafebten:20200623191308j:image

こうしてクラブが発展していくのを目の当たりにして、ファンとしてはうれしい限りです。

試合再開にはまだ間がありますが、楽しませてもらっています。

 

おこしやすには、他に多くのオフィシャルパートナーがあります。

また別の機会に、オフィシャルパートナーについても勉強したいと思っています。

おこしやすの記事

良記事です

 

おこしやすを取り上げた記事がありました。

 

 

今シーズン新加入の酒井選手、添田社長へのインタビューを絡め、おこしやすの歴史や今後目指していく方向性など、クラブについて幅広く触れられた素晴らしい記事です。

とても面白く、読みやすい内容です。是非多くの人に読んでいただきたいです。

 

僕自身は、「おこしやす京都AC」にチーム名が変更された後のファンなので、前身のアミティエのことは、ほぼ知りません。

この記事で勉強させていただきました。

 

この記事を書かれたのは、ノンフィクションライターの林壮一氏。

おこしやすとどのようなご縁があって、記事を書いていただくことになったのでしょうか?

 

林氏には、アメリカの教育事情や、少年サッカーに関する著作があるそうです。

記事に興味のある方は、ぜひ一度読んでみてください。

おこしやすのライバルチームについて

福山シティFC

 

広島県1部リーグに所属する福山シティFCというクラブがあります。

 

福山シティは、昨シーズン、広島県2部リーグで優勝して1部リーグに昇格した、将来Jリーグ

入りを目指すクラブで、おこしやすのライバルチームといえます。

 

先日、福山シティから、ツイッターを通じて、こんな発表がありました。

 


昨シーズン、おこしやすに所属していた田中憧選手がツイートしているとおり、クラウドファンディングへの協力の呼びかけです。

 

コロナウィルスの影響で公式戦が開催できず、資金難に陥ったことによる試みとのこと。

おこしやすを通じて、地域リーグなどの下部リーグの楽しさを教えてもらった身としては、他人事には思えません。

 

応援するチームが、いつも当然のように存続する訳ではない。

それを実感します。

 

このクラウドファンディング、大変好調のようです。

 

 

田中選手からも感謝のツイートが。

 

わずか数日で目標を達成し、ネクストゴールを設定!

福山シティの底力ですね。

 

高知ユナイテッドに関する報道

 

今シーズン当初には、地域CLでおこしやすに勝ち、今シーズンJFLで戦う高知ユナイテッドについても、下のような報道がありました。

 

 

資金難から監督の交代を余儀なくされるというニュースでした。

JFL昇格後には、多額の資金が必要なんですね。地域リーグから全国リーグになるので、移動にかかる費用は相当大きくなるのだろうなぁと漠然とは思っていましたが、それ以外に出費を強いられるとは知りませんでした。

 

その後のコロナウィルス騒動が、高知ユナイテッドにどんな影響を及ぼしているのか、目が離せません。

間もなく再開されるJFL

ファン・サポーターの力の見せどころですね。

 

おこしやすはどうなんでしょう

 

福山や高知の話は、おこしやすにとっても他人事ではありません。

僕にはおこしやすの内部事情など知る術もありませんが、今のところ、資金難に陥ったという話は聞きません。

 

添田社長をはじめ、スタッフの方々の努力と強力なスポンサーに支えられているのだろうと思います。

これを当たり前と思わず、感謝しながら応援していきたいです。

 

おこしやすの日程変更

再変更!

 

コロナウィルスに伴う緊急事態宣言解除に伴い、関西サッカーリーグからリーグ戦の日程について発表がありました。

 

 

8月22日開幕です。

リーグ戦1回戦総当たりの7試合のみです。

短期決戦です。

元々、JFL昇格のためには負けることは許されないリーグ戦でしたが、ますます負けられないリーグ戦になりました。

この短期決戦が、おこしやすにとって吉と出るのか、凶と出るのか。

詳細の発表は後日とはいうものの、緊張感が高まります。

 

変更前の予定は…

 

今シーズンの関西サッカーリーグの日程、これまでに一度変更されていました。

 

 

最初の変更時のスケジュールでは、6月20日開幕でした。

 

このスケジュール通り、Jリーグに先駆けて開幕して、全国のサッカーファンの耳目を集めてくれないか、と期待していたのですが、さすがにそんな甘い話はありませんでした…

 

まあ、6月20日は予定が入る見込みで、参戦は難しかったので、開幕が再度延期になって、ホッとしているところではありますけれども。

 

まずはJ2再開、J3開幕ですね。

サッカーのある日常を楽しみたいです。

1年前のおこしやす

インスタが教えてくれました

 

2018シーズンの関西サッカーリーグのリーグ戦終了後、僕はおこしやすを追いかけるようになりました。

そのシーズンは、12月に、KSLカップの2回戦🆚阪南大クラブ、決勝戦🆚紫光クラブを観に行きました。

 

そして2019シーズン。

おこしやすのファンになって初めて観戦したリーグ戦の試合が、5月19日に行われた🆚関大FC2008戦でした。

 

それから1年が経ったことを、インスタが教えてくれました。

 

f:id:himafebten:20200522080420j:image

(写真は、キックオフ前の太陽が丘球技場)

 

ああ、言われてみれば。

もう1年が経ったのか。

それを知って、色々と思い巡らせました。

 

この試合、関大FCも強く、攻めきれず、押し込まれることもしばしばで、何とか1-1の引き分けに持ち込んだ試合でした。

 

この試合以後のことを思うと、勝った試合よりも、負けた試合、苦戦した試合のことが思いだされます。

この関大FC2008戦しかり、地域チャンピオンズリーグいわきFC戦や高知ユナイテッド戦しかり。

 

節目の試合で勝たせることができてないなぁ…

と。

 

それでも勝ったときの喜びは何物にも代えがたいものがあります。

2019シーズン、関西サッカーリーグで優勝したときには、20年ぶりくらいにサッカーで感動しました。

 

試合に勝つとうれしいのはもちろんなのですが、何より、おこしやすの選手たちが、いつも、どの試合でも、誰が出場しても、全力でプレーする姿を見せてくれるのがうれしいです。期待を裏切られたことはありません。選手たちの姿を見ていると、応援せずにはいられません。

 

それに、どんな時もヤジを飛ばすことなく、どんなに苦しい状況でも応援するのをやめないサポーターの方々。その姿には、何度も勇気付けられました。

 

おこしやすを応援するようになってから、サッカーをまた楽しめるようになりました。

願わくば、おこしやすやおこしやすを取り巻く

良い環境が、1年後も、10年後も、ずっと続いてほしい。

そう思います。

 

今シーズンもおこしやすのサッカーを楽しみ、その先に最高の結果が待っていれば言うことはありません。

 

 

 

 

おこしやす選手動画

京都市公式チャンネルで配信!

 

京都市では、京都ゆかりのスポーツ関係者からの動画メッセージ「ともに乗り越えよう!京都からの応援メッセージ 『みんなに届け、スポーツの力』」を公開しています。

 

京都市公式ウェブサイトによれば、このメッセージは、「新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐため,スポーツをはじめとする様々な活動の自粛が続くなか,多くの方々に元気と希望を与えるとともに,この難局を共に乗り越え,再びスポーツをしたり,観戦できるようになった際には存分に楽しんでいただきたいとの思いが込められたメッセージ」とのことで、京都ゆかりのスポーツ関係者の動画メッセージを「きょうと動画情報館」というYouTubeチャンネルで公開されています。

 

その中で、おこしやすの選手全員が参加した動画メッセージも公開されています!

 

 

関西サッカーリーグの開幕が延期される中、選手一人一人の声や表情の伝わる動画を見ることができて、うれしい限りです。

 

開幕まで、各選手のプレーを見ることができるまで、あきらめずに待ち続けようという気持ちを強くすることができました!

 

このメッセージ動画、サッカー関係者では、他に、サンガの宮吉選手、川勝良一氏、柱谷哲二氏、バニーズもメッセージを寄せています。

もちろんサッカー以外のスポーツからもメッセージが寄せられていて、一見の価値ありです。