おこしやす京都AC ともにJFLへ

僕のおこしやすライフ

関西サッカーリーグ(KSL)からJ昇格を目指す「おこしやす京都AC」。チームの奮闘ぶり、下部リーグならではのエピソードをファン目線で書き綴ります。

リーグ戦終了〜おこしやす2022

リーグ戦は4位でした

 

何かと時間を作ることができず、試合のライブストリーミングも満足に見られない状態で、試合を見たら、その感想を書こう書こうと思っているうちに時間が経つ日々です。

 

そうこうしているうちに、関西サッカーリーグは全日程を終了しました。

 

おこしやすは4位。

6勝4分4敗の勝点22、得点18、失点11

という戦績でした。

ただただ無念です。

 

ファン、サポーターの方なら誰でもそう思うでしょうが、僕の後押しが足りなかったせいで、優勝できませんでした。

 

個々の試合は機会があれば振り返ろうと思っているので、リーグ戦の全体的な印象を少しだけ書き残そうと思います。

 

やはり得点が取れませんでした。

得点はリーグ4位タイ。

初戦のAWJ戦で4点、第4節のラランジャ戦で3点、最終節のアルテリーヴォ戦で3点固めて得点していることを考えると、他の11試合で8点しか取れていません。

 

開幕前は、軸になるストライカーがいないことを不安に思っていたのですが、その不安が的中したたというところでしょうか。

 

成績は奮いませんでしたが、僕は今シーズンのチームも好きですよ。

3バックで両サイドの選手を高い位置に押し上げて、サイドから攻めるスタイルは今までのおこしやすにはなかったですし、開幕当初から、うまくいかないながらも、その意図はよく出せていたと思います。

攻撃時には、相手チーム全員を相手エンドに押し込んでボールを保持しようとする勇敢なチームだと思います。

 

ゆっくりとではありますが、成長しているのが見える点でも、面白いチームです。

リーグ戦終盤には、ボールを回して相手選手を動かしておいて、中央の林選手、橋本選手といった選手が、相手DFとMFの間でボールをフリーの状態で受けることができていました。

 

そこからどうやって得点につなげるのかが今後の課題ですね。

 

惜しむらくは、怪我人が多発したことでしょうか。

怪我人の影響かと思いますが、シーズン途中では3バックをやめて4バックを基本フォーメーションにしたこともありました。

アクシデントで基本的な戦術を変えるのは、チームの戦い方を煮詰めていく上で痛手だったであろうと思います。

ただ、4バックのときも、清川選手や橋本選手が低い位置まで落ちてきて、SBを高い位置に上げて、そこからパスを回していく意図がよく見えていました。僕の気のせいでなければ。

 

怪我人が戻って、また3バックにもどしましたが、4バックがそれなりに機能していたので、チームの戦い方として、やや中途半端になったような気がしたり、しなかったり。

 

シーズンはまだ続く

 

リーグ戦は終わりましたが、まだ大事な試合が残っています!

そう、全社(全国社会人サッカー選手権大会)です!

この大会で3位以内に入れれば、地域チャンピオンズリーグに出場して、JFLに昇格する可能性は残ります!

 

リーグ戦4位のチームにそこまでの実力があるのか疑わしい、というのが現実的な物の見方だと思います。

でも、僕は、これまで成長し続けてきたチームの力を信じています。

大会までの準備期間が、更なるチームの成長をもたらすと確信しています。

選手やスタッフが昇格を諦めていないのに、ファンが先に諦めるなんてことがあるでしょうか、いやありません。

 

今シーズンも、どこまでも応援しています!

 

全社に向けて!〜おこしやす2022

勝ちました!

 

おこしやすは、7月31日、全社関西予選1回戦を戦いました。

対戦相手はTAKATUKA FC。

兵庫県1部リーグに所属するチームです。

 

昇格にも向けて、何としても4位以内に入りたい全社に向けて大事な試合でしたが、無事10-2で勝利しました‼️

 

おめでとうございます‼️

ありがとうございます‼️

 

スタメン

 

スタメンは4-4-2もしくは4-5-1。

 

並びはこんな感じですか。

f:id:himafebten:20220809212110j:image

マクスウェル選手のFW起用も馴染んできましたね。

それはそうと、控えGKがいないのはなぜだったのでしょうか?

なかなかにスリリングですね。

 

試合経過

 

カテゴリーとしては2個下の相手に、先制されたくないおこしやすでしたが、前半8分に先制されてしまいます。

 

格下のチームに先手を取られるとろくなことがないのは歴史が証明するところです。

 

しかし、チームは、それまでと変わらず、サイドを使って相手を崩しにかかります。

 

そして前半10分、おこしやすは、あっさりと同点に追い付きます。

 

 

右サイドの萩原選手からのクロスを相手がクリアし、それを拾った小島選手が中にドリブルして、放ったミドルシュートがゴールに吸い込まれました!

 

さらに、後半12分、立て続けに追加点です!

 

 

右サイドでボールを持った小島選手から、左サイドの裏に走り込んだ林選手にパスが通り、林選手からゴール前でフリーになっていたマクスウェル選手に絶妙な高さのクロスが入り、マクスウェル選手が難なくヘディングでゴールを決めました!

 

更に更に!後半14分、おこしやすがボールを保持し続けて波状攻撃を仕掛けます!

 

 

相手のクリアボールを拾ってから50秒近くボールを持ち続け、主に右サイドの萩原選手を使って攻め込み、最後は村井選手が戻したボールを中央からの小島選手の左足ミドルで仕留めました!

 

ここからしばらく得点は挙げられませんでした。

あまりにパスが回り過ぎて、パス回しを楽しみ過ぎちゃいましたかね。

萩原選手からのクロスからのマクスウェル選手のヘディングやら、左に流れた清川選手から中の村井選手→村井選手がヒールで裏に出して、走り込んできた林選手のクロスにマクスウェル選手がスライディングでシュートを放つなど、見どころは多々ありましたけども。

 

追加点が入ったのは、前半39分のこと。

 

 

林選手から右の大川選手にパスが渡り、ドリブルで持ち込んだ大川選手が、ペナルティエリア右角からミドルを沈めて4-1になりました!

 

前半はこのまま終了。

 

 

メンバーに交代なく後半開始です。

 

 

後半は、おこしやすが先手を取りました!

 

左サイドをドリブルで持ち上がった村井選手から林選手へパス。

林選手が少し持ち上がり、そこからのロングシュートを決めてくれました!

 

ここで選手交代1人目。

大川選手→大原選手。

 

大原選手の投入でシステムが変わるかと思いきや、4-5-1のままでしたでしょうか?

 

大原選手が右CB、宋選手が左SB、小島選手が左SH、村井選手が右SHになっていたかと思います。

 

こんな感じ。

f:id:himafebten:20220809214246j:image

 

すると、直後に追加点が入ります!

 

 

中央の清川選手から、右から左に流れてきた村井選手へパス→村井選手から中央に絞っていた小島選手を経由して、林選手へ→林選手から裏に走り込んだ小島選手に浮き球のパス→パスをワンバウンドでシュートして、小島選手がハットトリックを達成しました!

 

更に追加点です!

 

 

ショートコーナーを受けた橋本選手が、中の清川選手へパス→清川選手から帰ってきたパスを橋本選手がクロスを上げ、マクスウェル選手がヘディングで沈めました!

 

今度は失点です。

 

 

ドリブルで中に入ってきた相手選手への寄せが甘くなったところをミドルシュートを決められました。

 

カテゴリーが下のチームから2失点でテンションが落ちないか心配しましたが、杞憂でした。

 

すぐに取り返して、失点のダメージを最小限にとどめます。

 

 

清川選手→中に絞っていた村井選手へとパスが渡り、村井選手から深い位置に出たパスを外に走り込んでいた萩原選手がクロス→ゴールまえに走り込んだ林選手がダイレクトで合わせて奪った得点でした!

 

後半の飲水タイムで2枚代えです。

橋本選手→ビシュー選手

 

村井選手→福森選手

 

福森選手は、サンク栗山から移籍後、初出場です!

 

ビシュー選手がトップ下、福森選手が右SHに入り、林選手が一列下がる感じですか。

 

こんな感じ。

f:id:himafebten:20220809220709j:image

 

おこしやすは、まだ攻撃の手を緩めません!

 

 

中央の林選手から萩原選手にパスが渡り、裏に抜けた林選手がパスを受け、中にグラウンダーのボールを折り返し、中に詰めていた小島選手が合わせて、この試合4点目を挙げました!

 

そして、仕上げともいうべき10点目が入ります!

 

 

中央低い位置から林選手が右にサイドを変え、萩原選手から右に来ていた小島選手にスルーパスが出て、小島選手のクロスをマクスウェル選手が胸でワントラップして右足でゴールを決めました!

 

この後は、おそらくケガで戦線離脱していた田辺選手が久々の出場!

萩原選手→田辺選手。

 

田辺選手が左SBに入り、宋選手が右SBに回りました。

 

そのまま試合終了。

 

雑感

 

今のおこしやすの良い点も悪い点も出た試合でした。

 

カテゴリーが下の相手に2失点したことは反省しないといけません。

この辺りの詰めの甘さが、昇格を逃す一因になっているのかもしれません。

 

しかし、攻撃面では、10点取れたこともさりながら、意図が明確な攻撃を組み立てられていたところが素晴らしかったです。

 

おこしやすの両SHは、基本的には中に絞った位置にポジションを取り、両SBが大外に開いて幅を取っていたでしょうか。

両SHは、中にいることで相手をゴール前に引きつけるとともに、ゴール前で厚みを出すことを優先し、いわゆるボランチの選手が、両SBを使ってサイド攻撃を仕掛けられていた感じでしたね。多分。

ボランチの選手の役割分担も、整理されてきたように感じました。

相手が、ある程度サイドの守備よりも中を固めることを重視していたこともあるでしょうが、

おこしやすのこのスタイルがはまって、10得点に至ったのでしょう。

 

選手交代があっても、各ポジションの選手の動きに変わりはなかったので、チームとして意思が統一されているのを感じました。

 

小島選手

この試合で活躍した選手といえば、小島選手が一番最初に名前が上がるでしょう。

若いとはいえ、炎天下で労を惜しまず上下動を繰り返すプレーには感動を覚えずにはいられません。

その中で4得点ですから、勢いのある若手って恐ろしいですね!

頼もしいです。

村井選手との左サイドのコンビは、試合を、重ねるごとに威力を増しているように思えます。

今後も期待しかありません。

 

福森選手

出場時間は短かったですが、終了間際には惜しいシュートを2本放ち、今後の活躍に期待を抱かせてくれました。

今のおこしやすのサッカーによくフィットした選手だと思います。

早く得点を挙げてほしいですね。

 

次の試合、というか…

 

次の試合、おこしやすは関西サッカーリーグ2部のFC EASY02明石と対戦…しました。

 

記事を書くのが遅過ぎて、次の試合が終わってしまいました…

 

結果は2-0でおこしやすが勝ち、全社鹿児島大会への切符を手にすることができました!

 

おめでとうございます㊗️

 

このFC EASY02明石戦についても、間もなく記事にしたいと思います。

 

 

 

おこしやすのフォロワー1000人チャレンジ❗️

目標達成です‼️

 

先日、おこしやすが公式インスタグラムを開設したことを記事にしました。

 

おこしやすの公式インスタグラム - 僕のおこしやすライフ

 

その後、おこしやすは、公式インスタグラムのフォロワーを増やすべく、こんな企画を立ち上げていました。

 

 

24日(日)までにフォロワー1000人チャレンジ!

 

この目標達成のために、選手も情報発信していました。

 

大原選手のツイート。

 

萩原選手のツイート。

 

西村選手のツイート。

 

加入したばかりの福森選手も!

 

そして添田社長もツイート。

 

クラブも、達成できた場合のプレゼント企画で後押し。

 

その結果、見事目標を達成できました!

 

おかげさまで、7月25日現在、おこしやす公式インスタグラムのフォロワーは、1050人まで増えました!

f:id:himafebten:20220725143615j:image

 

今後とも、おこしやす京都AC公式インスタグラムをよろしくお願いします!

一歩ずつ進もう。〜おこしやす2022

勝ちました‼️

 

おこしやすは、7月16日、関西サッカーリーグ第10節でレイジェンド滋賀と対戦し、1-0で勝利しました‼️

 

おめでとうございます‼️

ありがとうございます‼️

 

今シーズン初の連勝です♪

 

スタメン

 

まずはスタメンから。

 

 

並びはこんな感じでしたでしょうか?

f:id:himafebten:20220722162615j:image

 

この日はイブラヒム選手が警告の累積のため出場停止。

マクスウェル選手と林選手がFWに入る4-4-2ですかね。

 

林選手はFW登録ながら、基本的には中盤中央を主戦場とする選手ですし、マクスウェル選手はCBが本職ですし、大川選手も本来はDFですし。

 

それに、出場停止はさておき、ケガの選手が多くて、台所事情が厳しいんすよ、最近のおこしやす。

 

サブメンバー見てください。

↓実際のメンバー↓

f:id:himafebten:20220722163357p:image

 

GKコーチの田中賢治選手と、コーチ兼通訳の吉田恵選手がメンバー入りです。

 

緊急事態ですな。

 

しかし、どんなに緊急事態でも、キックオフは待ってくれません。

 

 

試合は、おこしやすがボールを保持しつつも、決定的なチャンスまでは至らず、レイジェンドがカウンターからチャンスをうかがう展開に。

 

が、おこしやすがチャンスを生かして先制します!

 

 

宋選手からの縦パスは相手にカットされますが、こぼれを拾った村井選手から裏に抜けた林選手にパス。

巧みなトラップでボールを足下に収めた林選手が、相手GKとの1対1を制して、冷静にゴールを決めました!

村井選手からのパスは勢いのあるボールでしたが、林選手は難なく足下にボールを置けていましたね。さすがです!

 

前半はそのまま終了。

 

メンバー変更ないまま、後半開始です。

 

最初の交代は、大川選手→大原選手。

大原選手も、ケガの影響で、体調が万全ではない雰囲気です。

大原選手は右SBに入り、萩原選手が前に上がります。

 

が、今度は、その萩原選手が足を痛めて交代です。

萩原選手→吉田選手。

吉田選手は、ユニフォームの背番号も急造だったそうです。

まさに緊急事態です。

 

幸いなことに、相手も警告を2回受けて退場になった選手がいたため、殊更不利になることはありませんでした。

この辺りはツキがありますね。

 

こうして苦しい試合ながらも、勝点3をゲットできたのでした。

 

雑感

 

この試合、目を引かれたのは、清川選手でした。

清川選手は、前の試合と同じく、中盤中央で橋本選手とコンビを組みました。

清川選手は、前半特に、あまり前に上がらず、左右に動いて、両SBが高い位置に上がった後のスペースを埋め、その位置でパスを受けて、攻撃の起点になっていました。

 

 

イブラヒム選手がいなかった影響もあるでしょうが、最初からターゲットになる選手にロングボールを入れるのではなく、両サイドの低い位置から、下りてくる林選手や、上がっているSBの選手にパスを出して攻撃を組み立てる姿には、おこしやすの攻撃の新たな可能性を感じました。

 

そして、もう1人、林選手。

今シーズンのイチオシ選手です。

この日はFWの位置に入りつつも、下りてきて受けたパスを左右に散らしてチャンスを作っていました。

清川選手のパスを一番引き出せていたのが林選手で、この2選手のパス回しは見ていて楽しかったです。

 

これに小島選手の上下動や村井選手のパスが、もっと絡んでくると、おこしやすの攻撃に怖さが出てくることでしょう。

 

あと、橋本選手の運動量が、試合を重ねるごとに増えてきているのも頼もしいですね。

 

↓得点を挙げた林選手のインタビュー↓

 

次の試合

 

これでリーグ戦は一旦中断です。

 

次の試合は、7月31日の全社関西予選・🆚TAKATSUKA FC(兵庫2位)戦です。

リーグ戦で首位に立てていない状況では、全社も手を抜くことができません。

 

試合会場は、太陽が丘

できれば応援に行きたいところです!

史上初の試合中止!〜おこしやす2022

雷雨により中止になりました!

 

おこしやすは、7月9日、関西サッカーリーグ第9週で、守山侍2000と対戦予定でしたが、試合前から続いた雷雨のため、試合中止となりました。

 

最初は5分後ろ倒しでしたが…

 

試合開始が30分延期され…

 

1時間延期され…

 

それでも天候は回復せず、試合中止&延期が決定されました。

 

恵みの雨となるか?

 

この試合で発表されていたスタメンです。

 

誰がFWに入ることになっていたのでしょうか?

西村選手とCBを組むのは、橋本選手だったのでしょうか、マクスウェル選手だったのでしょうか?

サブには4選手しかおらず、うち1人は、前節で頭部からの出血で途中交代した宋選手!

 

ケガや体調不良の選手が多いのでしょうか。

どんだけ台所が苦しいんや…

 

この雷雨が、チームにとって恵みの雨になってくれるといいのですが…

 

こういう苦しいときこそ、チームに関わる全員で乗り切りたいですね!

おこしやすの公式インスタグラム

開設されました‼️

 

先日、おこしやすの公式インスタグラムが開設されました!

 

 

そういえばありませんでしたね、おこしやすの公式インスタグラム。

 

どんな情報を伝えてくれるのでしょうか?

楽しみです♪

 

Login • Instagram

 

 

後半戦、スタート!〜おこしやす2022

勝ちました‼️

 

7月3日、おこしやすの関西サッカーリーグ後半戦がスタートしました。後半戦も、前半戦と同じ順番で各チームと対戦します。

 

おこしやすは、FC.AWJと対戦し、1-0で勝利しました!

 

おめでとうございます!

ありがとうございます!

 

おこしやすは、この試合、これまで使っていた3-6-1の並びではなく、4-4-2、または4-5-1の並びで戦いました。

 

こんな並びだったかと。

f:id:himafebten:20220704072446j:image

 

スタメン発表を見たときには、清川選手が右SHかと思っていたのですが、林選手がそのポジションに入ってました。

ビシュー選手は、イブラヒム選手よりも低い位置に入っているような印象をを受けました。

 

結果としては、左からのクロスをイブラヒム選手が頭で押し込んで、これが決勝点になりました。

 

この試合、これまでと比べて、チームのできは良くありませんでした。

パスのつながりは悪く、ミスからピンチを招くことがしばしばで、失点しなかったのは、相手の出来に助けられた部分も大きいと思います。

 

やはり、これまでと違うフォーメーションを使っている影響が、かなりあるように感じました。

 

しかし、これは怪我の選手が多いことによるものだと思われます。

 

元々厚いとはいえない選手層のおこしやすで、怪我の選手が複数出ると、辛いものがあります。

 

とはいえ、その中で勝ち切ることができました。苦しいときに勝つことができるのも、チーム力のある証拠です。

 

あと2試合踏ん張れば、1か月半ほどリーグ戦は中断します。

その間も全社関西予選があって、それはそれで大事な試合ではあるものの、中断期間に戻ってくる選手もいることでしょう。

 

それまで耐えて、リーグ後半戦で調子を上げていきましょう!